油断大敵!風俗を利用する前にこのサイトの体験談を読んで下さい。

油断大敵な風俗

地方都市デリヘル体験

投稿日:2016年7月4日

出張で地方に行くことが多く、必ずデリヘルを利用するようにしている。都会に比べて仕事が少ないからか、一見普通のどこにでもいそうな女の子が働いている事が多い。いかにも風俗嬢といわんばかりの女の子よりも、生活の為に仕方なくという女の子に興奮してしまう私は、地方デリヘルを好んでいる。先日も某県に出張し、利用した。馴染みの地域ではないので、店選びには非常に気を使うが、そこさえクリアーしてしまえば、後はスムーズだ。女の子を選び待っていると、20代前半の少し影のある美女がやってきた。まさにこんな子が本当に?というタイプの女の子だ。とにかく服を脱がせるのも、裸を見せるのも何をするにも恥ずかしいというような雰囲気。しかし、一旦プレーに入ると、非常に激しく攻め立ててくる。一体どこで覚えたのか、私の愚息を激しくなめ上げてくるその舌使いに、恥ずかしながら、すぐに果ててしまった。聞くと、随分経験があるようだ。こういったギャップが楽しめるのも、地方都市のデリヘルの醍醐味で、非常に楽しんでいる。

まるでモデルのようなデリヘル嬢

これまでの数十年間に僕は多くのデリヘル嬢を見てきました。中には可愛い女の子やテクニックの非常に優れた女の子がいましたが、正直その一度だけで忘れてしまう感じでした。それがついこのあいだ利用したQ店のデリヘル嬢のSちゃんは今でも鮮明に記憶に残っています。というのもまず第一に容姿がとてつもなく優れていました。彼女はまるでモデルでした。スレンダーな手足にほっそりした腰、そして栗色のウェーブのかかった髪の毛、大きな瞳に吸い込まれました。もちろん容姿だけではありません。とんでもないくらいテクニックも優れていました。特に良かったプレイがフェラチオでした。まさしくバキュームフェラといった感じで、まるでチンポが快感のまま取れてしまうのではないだろうか、と思ったくらいでした。あまりの快感に、僕はこれまでできなかったフェラチオでの口内射精を決めました。更に騎乗位の素股でも1発射精することができ、まさしくパーフェクトの嬢でした。